どこにある?スワロフスキーとプレシオサの違いを知ろう

女性は特に、ジュエリーなどがお好きな方も多いことでしょう。そのジュエリーなどに散りばめられているのがガラスです。そのガラスにも有名な製造するメーカーがあり、その中にスワロフスキーとプレシオサがあるのです。そこで今回は、スワロフスキーとプレシオサの違いについてご紹介していきます。

両社にはどういった違いがあるのか、覗いてみましょう。

クリスチャンディオールと共同開発もしたスワロフスキー!

スワロフスキーは、オーストリアにある1895年に創業となったガラスメーカーです。酸化鉛が多く使われていることも特徴であり、スワロフスキーならではの技術や成分を使ってガラスを精巧にカットしています。酸化鉛が多く使われているということは、虹のような輝きを生みだすことができ、それによって、ダイヤモンドに負けないくらいの輝きを実現しているのです。クリスタルABと言って、クリスチャンディオールと共同で開発をしたジュエリーは、まるでオーロラのように輝きを放ち、人気を得ています。スワロフスキーについては、価格が高い(プレシオサと比較すると1.5倍~2倍以上)というイメージも一般的にはありますが、デコ電のためのストーンや、ビーズ、雫、丸など様々な形があり、ハンドメイドを楽しまれている方にもお使いいただけるでしょう。スワロフスキーのガラスは、様々なカラーが揃っているという点もポイントです。

ベルサイユ宮殿のシャンデリアも作製したプレシオサ!

プレシオサは、チェコの北部にあるガラスメーカーであり、280年以上の歴史を誇ります。プレシオサにも会社特有のカット技術があり、ベルサイユ宮殿やフォンテーヌブロー宮殿で使用されているシャンデリアに用いられているという、チェコの中でも最上クラスのガラスメーカーと言えるのです。ベルサイユ宮殿のシャンデリアについては、フランスの時の国王ルイ15世に頼まれたものです。国王にまで依頼されるほどまでに優れたガラスメーカーだということなのです。プレシオサという名称は、ラテン語のpreciousから来ており、『貴重な、稀な』などの意味があります。プレシオサは、近頃はラインストーンや、ビーズ、ペンダントトップ、そしてボタンなどのアクセサリー製品も作製しています。プレシオサのガラスはスワロフスキーに比べ安価であることも、特徴と言えます。チェコで夫も有名なプレシオサでは、ガラス製造のために、5000人の社員が働いているということです。

You Might Also Like