綺麗に撮りたい!写真撮影のコツとはどんなもの?

スマホやデジカメ、そして一眼レフなどカメラの種類も色々ありますし、写真を撮影する機会も多いのではないでしょうか。撮影をするならば、綺麗に撮りたいことでしょう。そこで今回は、写真撮影の際のコツについてご紹介いたします。

写真の主役を決めてから撮ろう!

上手に写真を撮影する際には、どんなものをどんな風に撮影するのかを考えることがポイントになります。何となく撮るだけではだめだということです。人物や風景など、様々写真の中に入れたくなるかもしれませんが、あまりにごちゃごちゃしてしまっては、何を撮りたいのかわからない写真になってしまいます。そう言うことのないように、まずは何を主にして写真を撮るのかを決めることと、主となるものをどんな風にして撮影するかを定めることが大事になります。写真のイメージによって場所を選ぶというのも一案です。

必要ないものは敢えて入れないこともカギ!

写真の中には、全部入れてしまうのではなく、必要ないものを削ぎ落すというのも1つの方法です。そうすると、素敵な写真になることや、何を主軸にして撮りたいのかがはっきりとわかるような写真になるでしょう。主となるものを決めて撮影方法を考える過程において、必要ないものを見極め削っていくのです。『この建物は要らないかも』と判断したなら、その建物が入らないように撮影するということです。

明かりの前に立って撮ることもテクニック!?

光が発せられている方向に向かってカメラを構えると、見えづらくなってしまいます。これが逆光というものです。そうなると綺麗に撮影することができなくなってしまうので、撮影時には光を発している所の前に立ち撮影をすることが大事です。反対に光のない場所では、ISOという光についての感度を高く調節することで、明るさのある写真を撮ることができるでしょう。

構図も大事!中心からずらしてみると新鮮になる!

写真を撮影するなら、やはり構図も大事になってきます。同じものを撮ろうとしても、構図を変えてあげると違った印象の写真になるものなのです。主にしたい被写体を中心に据えると、それでも印象深い写真が撮れるものの、インパクトに欠けてしまうケースもあります。印象を変えた写真を撮るとするなら、被写体を中心に置くのではなく中心からずらしてみることもテクニックと言えるでしょう。少しだけずらすという方法でも印象は変わりますし、思い切って大幅にずらすことも一案です。そうすると、いつもと違った写真が撮れるかもしれません。

You Might Also Like