レッスンはどこでやる?自宅それともレンタルサロン?メリット・デメリットは?

教室を主宰する際、レッスン場所をどうするのか悩みますよね。みなさんはどのような場所でレッスンをされているのでしょうか?

自宅

自宅で教室をする方は、自宅の庭に開設した専用の部屋・空き部屋・リビングなどが多いようです。自宅で開催する際には同居人の許可をとっておくようにしましょう。マンションなどによっては事業不可のところもあるので要確認。

また、自宅でレッスンをする際は室内をきれいに保つことも大事ですが、貴重品の管理には気をつけましょう。実際に「トイレにいってる間に物を盗られた」ということもあるようです。

とはいっても、場所代がかからないのが魅力。自宅なので、生徒さんの当日キャンセルなどにも柔軟に対応することができます。

公民館などの公共施設

自宅に抵抗がある方はこういった場所を利用するのも手です。公民館や市で提供している貸しスペースは1時間あたり200円~500円くらいの比較的安価で借りることができますが、安価ゆえに予約が取りづらい場合があります。場所によっては「1ヶ月前に予約!」なんてところも。

また、利益が出るレッスンは禁止などの規約を設けている場合もあります。よく確認しましょう。

レンタルサロン・貸しスペース

室内のインテリアが統一されたレンタルサロンや貸しサロンなどを利用されている方も多いです。こちらは1時間1,500円~2,000円とお値段が高くなります。キッチンなどが完備されたスペースだと5,000円くらいになることも。

極端な話、インテリアが統一されていて室内もきれいに清掃してあるので、家が雑然で方でも優雅なサロンをブランディングすることも可能です。

しかし、やっぱり値段がネック。何人かまとめてレッスンすることをオススメします。

それぞれにメリット・デメリットあり。

自宅レッスンは気軽にできますが、盗難などのリスクや、「あの家、頻繁に不特定多数の人が出入りしてるけど何やってるのかしら?」など近所の目が気になってしまう場合があります。

しかしスペースを借りるとなると場所代がかかってしまう上に、時間内にレッスンが終わらなかったら延長料金がかかってしまったり、生徒さんが当日キャンセルした場合はキャンセル料の支払いをしなければならないリスクもあります。また、うっかり自宅に忘れ物をした場合も大変です。

それぞれメリット・デメリットがあるので、レッスンを始める場合はレッスン場所もよく考えてみましょう。自宅やレンタルスペースだけでなく、カルチャーセンターやカルチャースクールでレッスンをするという方法もありますよ。

You Might Also Like