はじめてのイベント参加!搬入方法は?必要なものは?

デザインフェスタなどのイベントに出展する時の「搬入方法」「あると便利なもの」をまとめてみました。初めて出展する方は参考にしてみてください。

みんな、どうやって会場まで荷物を運ぶの?

旅行用のキャリーケース・キャリーカート

電車やバスなどの公共機関を利用して自力で搬入する場合、旅行のトランクやキャリーカートで荷物を持ち運びする方が多いです。ガラガラと荷物を引けるので移動に便利です。更にリュックを背負ってる方もいます。
誤って通行人の足をひいてしまったりぶつかってしまわないよう、周りに配慮しましょう。

キャリーカート 折りたたみ

自動車での搬入は大きいものも持ち込みできるのでとても便利です。机などを持ち込む方もいます。駐車場から自分のスペースまで何度も往復することになるので、荷台があると便利です。
自家用車で搬入する際、イベントによっては車両の許可証や別料金が必要な場合があります。事前に申込書をよく読んでおきましょう。

宅配便・宅急便

事前に宅配で送ることも可能です。業者が指定されている場合があるので注意しましょう。会場に着いたら荷物受け取りコーナー等で荷物の受け取りをします。イベントによっては別途、サイズによって荷物の保管料がかかるところもあります。

出展時にあると便利なもの

紙・ペン・はさみ・予備の値札・ゴミ袋
あると安心。

作品のお直しセット

作品が壊れても直せるように簡単な道具を持っていくといいです。ピアスなどを販売している方はイヤリング交換にも対応できるようにペンチやパーツなどを持っていくといいかも。

テーブル・机に敷きます。
また2日間に渡って出展する際、1日目の終わりに作品を置いたテーブルの上にかけます。(作品の盗難が心配な場合は持って帰ったり箱にしまったりします。)

養生テープ

ガムテープよりも養生テープの方がおすすめ。粘着力がある上、ガムテープよりも剥がしやすいです。

名刺

できれば机において置く名刺(URLなどが載ったもの)と、営業用の名刺(名前・電話番号入りのもの)の2種類を持っていくと良いです。イベント後、URLからお問い合わせがくることもあります。

電卓

計算を間違えないように電卓は必須。電卓の表示を見せてお会計をするとお客さんも安心します。お金の受け渡しをするトレイもあると、より丁寧になります。

おつり

たまに1万円札で支払う方がいるので、1万円札が2回くらいきても対応できるようにすると良いです。500円玉や100円玉なども忘れずに!

お渡しする袋

商品をそのまま剥き出しで渡すわけにはいかないので袋があるといいです。

こっそり食べられるお菓子・飲み物

スペースで堂々とご飯を食べていると印象が悪いうえに、作品や机の上に食べカスが飛び散ったりする可能性もあります。食べ物のにおいや食べている姿などを不快に感じる方もいます。食べる時はお客さんに見えないように隠れてコッソリにしましょう。「ちゃんとしたご飯を食べたい!」という方はスペースを離れて飲食スペースで!

You Might Also Like